Home > 夜ごはん Archive

夜ごはん Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ベジプレート

                 DSC_0085.jpg


夫のお弁当用に作った豆腐ハンバーグがたくさん余っていたので
ベジプレートに。

メニューは

・ 豆腐ハンバーグ
・ 長いもときゅうりのなめこ和え
・ 野菜スープ
・ 玄米


ハンバーグにはナッツを貼り付けてあるので食べ応えが◎


自分的にヒットだったのはこれ。


                    DSC_0071.jpg


しゃきしゃきした食感の長いもやきゅうりと、とろっとしたなめこが合う!
レモンとしょうゆ、ちょっとのお砂糖で和えました。
レモンはマスト。
これがないと味がしまらないな、と食べていて思った。
入れて正解!



  DSC_0083_20100423154450.jpgDSC_0080.jpg


スープはいつも作っている、お野菜だけを切って入れたスープ。
今回入れたのは、にんじん、玉ねぎ、大根、新じゃが。
少ない野菜でも美味しくできるのは、にんにく+オリーブオイルのおかげ。
これがほっこり美味しくって大好き。
この日は早く仕上げたかったので野菜は小さめに切ってます。
いつもはもう少し大きな角切りだけど、これはこれで美味しかった。
少しのことで、いつものスープが新鮮に感じる。
ほんと、料理って楽しい!


       DSC_0076.jpg


お野菜だけでそこそこの食卓を作るのは、なかなか難しいけど
頭を使うので楽しい!
「さぁやろう!」と気構え無くてもササッと出来るようになりたいものだけど・・
30年間の食習慣ってなかなか抜けないのよね~。
私にマクロビはきっと無理だな~。




                              ***



明日から6日まで、家族で大分へ旅行します。
夫のおばあちゃんのおうちに行くのがメインですが、
他にもちょこちょこと予定を立てているので楽しみです。

何と言っても息子が産まれてから初めての旅行!
息子は初めて飛行機に乗ります!
いつも遠くから眺めている飛行機、乗ったらどんな反応するのか今から楽しみです。

みなさんはどんなゴールデンウィークをお過ごしですか?
どうぞ楽しい休日を!

車麩カツ

                DSC_0055_20100423154426.jpg


最近車麩の美味しさにハマってます。
あ、でもいつもはマクロビ的に使ってるわけじゃないですよ。

きっかけは、夫の実家に帰ったときにお義母さんが作ってくれていた肉じゃが。
肉じゃがにたっぷりの車麩が入っていてこれがものすご~く美味しかった。
それ以来私もいろんな煮物に車麩を入れて楽しんでます。

で、こちらは煮物に入れようと戻した車麩ですが、欲張って多く戻しすぎて
使い道に困ったもの。
それなら、マクロビ王道メニューのカツにしてみよう!と作ってみたのです。

戻した車麩にしょうゆで下味をつけて、小麦粉を水で溶いたものにそれをくぐらせパン粉をつけて揚げるだけという
超簡単なメニューなんですが、私なりのこだわりがひとつだけ。

それはパン粉。
淡白な車麩なので、パン粉は家でパンから挽いたものを使用しました。
市販のパン粉とは違って、衣が厚くサックサクで食べ応えが出るのです。
これで車麩カツは何倍も美味しくなるんじゃないかな?


                   DSC_0057_20100423154426.jpg


夫にも息子にも大好評!
夫は、「脂身の多い高級肉って言ってもオレなら騙される」と言ってました。
ものすご~く味音痴?
私なら騙されないわ~。笑
でもそれだけ美味しかったってこと^^うれしい言葉です。

今までは煮物のためだけに戻していた車麩ですが、これからはこのカツのためにも戻すことになりそう。




                      ***


久々に撮ってみました。


                      DSC_0009_20100424072135.jpg


作り続けて数ヶ月になる、なかしましほさんのクッキーたち。
こちらはオートミールクッキーとハニージンジャークッキー。
いやぁ、美味しいです。
食べ続けているのに、飽きない。

クッキーのお供には、ハチミツたっぷりの豆乳ラテ。
苦手な方も多いのでは??
私は何故か学生の頃からコレが好きで、駅前のスタバでよく飲んでいました。
豆乳ラテだけは甘くしないと飲めないんだけど。


                    DSC_0008_20100424072135.jpg


ハニージンジャークッキーは、意外や意外、夫の一番のお気に入りです。
ビスコッティよりも好きと聞いたときはオドロキでした。

あ、息子には不評。
ジンジャー風味は、大人味ですね。


クッキーが入っている缶が空になりかけると作るしほさんのクッキー。
まだまだ飽きる気配が無いので、作り続けます^^
作ったことの無いものもまだまだたくさんあるので、
新しいものも作っていこう♪
しほさん仲間のみなさ~ん、オススメありますか~?
また教えてください^^



ギョーザプレート

                  DSC_0052_20100415173020.jpg


無性に食べたくなって作ったギョーザ。
と言ってもこちら、肉なしギョーザです。
中に入っているものは野菜だけ。
しかしあなどるなかれ。
とっても美味しい。

もちろんお肉の入った本物ギョーザも食べますが(近々お友達ママに美味しいレシピを教わる予定♪)
うちのメインギョーザはコレに決定~。
(参考書:菜菜ごはん)
中に入れた野菜は人参、しいたけ、えりんぎ、長ネギ、生姜、にんにく。
いやぁ~、これで十分美味しいギョーザが出来るんだもん。
すげぇな~。
息子も大変お気に召した様子。
3つじゃ足りず、おかわりしてました^^


                   DSC_0060.jpg


中はこんな。

人参がメイン材料のため全体的にオレンジ色。
ギョーザの皮も、全粒粉で作られたものを使用しているので
なんとな~く茶色いオレンジのギョーザでした。


副菜は、野菜のおから煮と黒豆
ごはんは100%玄米です。(息子は白米。)


少し前まで白米に玄米を混ぜて炊いていたんだけど
最近は100%白米か、100%玄米を炊くようにしています。
なんか、混ぜたものがイマイチ美味しいと思わなくなっちゃった。


さ、これからおでかけいってきま~す。

キャベツの煮物

                  キャベツの煮物3


息子が大好きでしょうがないこのキャベツの煮物。
たぶん、魚と同じぐらい好きなんじゃなかろうか・・。

これ、キャベツとむね肉以外のものは入らないと言う
とってもシンプルで地味なお料理ですが、本当に美味しいんです。
夫からたまにリクエストが来るほど、夫もお気に入り。


                 キャベツの煮物4


煮物と言っても、この煮汁は飲めるように作ってあるので
具がたっぷりのスープと言う感じでしょうか。

以前にも紹介しているのですが、
レシピがマイナーチェンジしたので再び登場となりました。
(以前の記事はこちら → 

より煮物っぽくなったかな。
まぁほとんど変わりはないんですが。


【キャベツの煮物】 4人分くらい

・ キャベツ ・・・・・・・・・ 6、7枚(ざく切りにしたものが2リットルの鍋にすりきりいっぱいになるくらい)
・ 鶏むね肉 ・・・・・・・・・ 1/3枚 (小さめに切る)
・ 水 ・・・・・・・・・・・・ 600~650cc
・ 酒 ・・・・・・・・・・・・ 大さじ2
・ 砂糖 ・・・・・・・・・・・ 大さじ1
・ うすくち醤油 ・・・・・・・ 大さじ2
・ 塩 ・・・・・・・・・・・・ 小さじ1/4

① 鍋にキャベツ、むね肉、水、酒を入れて蓋をして(この時点では水がかなり少なく感じるがそれでよい)
火にかけ、キャベツが柔らかくなるまで煮る
② キャベツがある程度やわらかくなったら調味料を加えて、好みの柔らかさになるまで煮る。



                 キャベツの煮物2


わっ簡単っ!
この簡単料理を好きと言ってくれる家族に感謝。笑



                         *


今日のプレート


                 lunch02061_20100211205132.jpg


・ 黒豆おこわ
・ じゃがいもの和風甘酢あん
・ 長いもの胡麻しょうゆ炒め
・ ブロッコリーの中華風チン(電子レンジ料理なので「チン」)


お正月で余った黒豆(生)を炒っておこわにしました。
これ美味しい!
息子にはちょっと歯ごたえがありすぎたかな~。

和風甘酢あんは万能くん。
また紹介できると良いな。

豚肉の野菜巻きと蓮根の照り焼き

                  豚肉の野菜巻きと蓮根の照り焼き1


少し前に作ったもの。

こういう、巻き系のおかずって面倒だから滅多にしないのですが、
巻きやすそうな豚肉を買ったので巻いてみました。
巻いたものはゆでた人参とインゲン。
味付けは悩んだ末の照り焼き味。
やっぱりこの味がうちでは人気なのです。
おろしポン酢でもよかったんだけどな~。。

そして、照り焼き味と言えば蓮根!
一緒に焼いて、一緒に照り焼きにしちゃいました。
野菜をたっぷり摂取できて、満足満足。

蓮根は繊維に沿って切る切り方が最近のお気に入り。
歯ごたえがたまらなく、美味しさ倍増です。


                   豚肉の野菜巻きと蓮根の照り焼き4


実際、息子には少し硬いし(息子、やっと奥歯が生えかけてきたところなので。)、
息子向けではないなぁと思いつつ一応息子のお皿にも
盛り付けたら、味付けが気に入ったらしく、
一生懸命カミカミしながら食べてくれました。
うれしい^^ママはうれしいぞ~^^



                         *


今日のワンプレート


                      白菜と薄揚げの生姜焼き2


・ 白菜と薄揚げの生姜焼き
・ チキンとじゃがいものバルサミコ酢煮
・ ごぼうと人参のゴママヨサラダ


最近息子は「揚げ」が好きです。
厚揚げも薄揚げも、大好き^^
おかずに入っていると、真っ先に食べきっちゃいます。
ほんとこの子は渋好みです。


                     白菜と薄揚げの生姜焼き1


最近のヒットの野菜の生姜焼き。
豚肉の生姜焼きは一般的だけど、お野菜を生姜焼きにしちゃいました。
これが美味しいの!!
息子も夫も大気に入り♪
薄揚げも良い味出してます^^




クリスマスディナー

                 >20091225_5.jpg


クリスマスの記事の前に、更新できなかった日々のことを。

息子が風邪をひいて、良くなってきた頃に私にうつり、寝込んでしまっていました。
薬を飲まずに治そう、と思ったわたしがアホでした・・・
症状はひどくなるばかりで無駄に風邪を長引かせてしまいました。
そして風邪が治ったころにやってきたのがクリスマス。
準備などに追われていると、夫のお休み突入。
・・・うぅぅ~全くパソコンに触れられませんでした・・・

↓の記事に頂いたコメント、しっかり読ませていただいています。
しかしあまりにタイムラグがありすぎるので、訪問をもってお返事に代えさせてください。
嬉しいコメントをいつもありがとうございます!
またみなさんとお話がしたいです。



                   *


かなり遅れたクリスマスの記事ですが、読んでもらえたらうれしいです。

私の両親も招待して、賑やかなクリスマスとなりました。

   20091225_2.jpg20091225_4.jpg


やっとなんでもわかりはじめた息子。
そんな彼のために、お母さんは出来る限りがんばりましたよ~。
と言っても、たいしたものは作っていません。
が、息子が好きそうなものを中心に作ってみました。

作ってみたら、メイン料理ばかりになってしまったような・・・(汗)
母にも、「かなりガッツリメニューやなぁ~」と言われてしまった~。


20091225_3.jpg20091225_1.jpg


メニューは

・ かぼちゃとコーンのスープ
・ ラザニア(茄子のミートソースを使って)
・ ツナとほうれん草のキッシュ
・ チキンとプルーン・カラマタオリーブのオーブン焼き(クレソンとラディッシュを添えて)
・ プチパン
・ 煮りんごとレーズンのクラフティ ← 写真撮り忘れ!


ほ~んと、ガッツリメニューだわ~。笑


だけど、みんな美味しい美味しいと食べてくれて嬉しい楽しい夜でした。
息子も喜んでたくさん食べてくれたなぁ。
大人と同じ料理を食べられるようになったなんて・・・
お母さんは感動ですよ。

息子の成長を実感できたうれしいクリスマスでした。



皆さんはどんなクリスマスを過ごされたのかな~?
また伺って見させてもらおうっと。

黒豆

                  黒豆3


お正月まで待てず、作ってしまいました。
いやぁ~、黒豆って何でこんなに美味しいんだろう?
豆嫌いの夫も大好きなはずだわ~。
息子は相変わらずの豆好き。
黒豆もやっぱり大好きなのです。

作り方はさまざまですが、私はまず水と調味料を煮立たせて火を止め、その中に
乾いた豆を入れて一晩置き、それをゆっくり時間をかけて煮る方法で作っています。
母に教わったこの作り方が一番良い具合に煮あがります。


                  黒豆2


写真のように、食事のときはぐい呑みに入れてちょっとずつ食べたんだけど
毎日食べると結構すぐなくなる~。
また煮なきゃ。
無いと落ち着かないかも・・・。
っていうかもうすぐお正月だからそれまで待とうかな・・・
母の黒豆はほんと美味しいし・・・。
う~ん、悩む~。


今回この黒豆を煮たとき、同時に水煮も作って置きました。
水煮の黒豆は1カップずつを小分けにして冷凍。
何に使おうかな~なんて楽しみがひとつ増えました^^

ひとつ試しに作ってみたものは、また後日・・・♪


大根と帆立のサラダ

                   大根と帆立のサラダ2


こんな寒い時期にサラダです。
でも今が旬の大根。
生食するには今が一番美味しい~~♪

帆立缶を使って作る、旨みたっぷりの大根サラダ。
これは実家でよく食べたメニュー。
昔から私はこれが大好きでした。

塩もみした大根に、レモン汁、すし酢、マヨネーズで味付けをするシンプルなものですが
帆立缶のおかげでとっても味わい深いのです。
母が作るこれは、私が作るよりもマヨネーズ多めで濃厚。
それはそれで美味しいんだけど、わたしの作るものはもみ塩とレモン汁多めのマヨネーズ少な目。
これまたさっぱりで美味しい。
器に盛った後お好みで白こしょうを振って。
こしょうもアクセントになってとっても美味しいのです。


                   大根と帆立のサラダ1



作るとわかりますが、ハンパなく大根を食べられるメニューです。
細く小さいものなら2人分で1本でもいけるくらい。
小鉢に盛れば4人くらいは食べられる量ですが、
大鉢に盛れば、うちでは夫婦で食べ切っちゃいます。


【大根と帆立のサラダ】 2~4人分

・ 大根 ・・・・・・・・ 1/2本(約500g 千切り)
・ 帆立缶 ・・・・・・・ 1缶
・ 塩 ・・・・・・・・・ 適量(小さじ2弱程度)
・ レモン汁 ・・・・・・ 小さじ2~調節 大さじ1までくらいが美味しい
・ すし酢 ・・・・・・・ 小さじ2
・ マヨネーズ ・・・・・ 大さじ1
・ 白こしょう ・・・・・ お好みで。黒でも。

① 千切りにした大根を塩でもみ、15~20分くらい置く
② ①を水でしっかり洗い、よく絞ってボウルに入れる
③ ②のボウルに帆立缶を汁ごと加え、レモン汁、マヨネーズ、すし酢を加えて混ぜ合わせる。
④ 器に盛り、このみでこしょうを挽く

※ レモンの酸味が強すぎれば、お砂糖を少しだけ加えるとまろやかになり美味しい
※ 大根は先の部分を使うと辛味があるので葉に近い方の使用をおすすめします



帆立缶がなければ、ツナ缶でも十分美味しく出来ます^^
ツナ缶を使うときは、汁気を切って加えてください。

このサラダ、かなり美味しくてお箸が止まりません!
少し残るかなぁと思いつつ食卓に出しても必ずなくなっちゃう。
作っても作ってもまた作りたくなっちゃうんですよね~。
なのでツナ缶使用率高し!笑
でも帆立の方がやっぱり美味しいんですけどね~。





ビーフシチュー

                 ビーフシチュー3


寒くなると食べたくなるのが、こういうこってり系のスープ。
シンプルな材料で作る、ゆっくりことこと美味しいスープです。

デミ缶や、シチューの素を使わないので、こってりだけどさっぱり美味しいの。
夫も大好きで、「変な味がしなーい!」と喜びます。
(夫は化学調味料や香料の味にとても敏感。)
とはいえこれに固形スープの素は必需品。
これのおかげで手軽に作れるので、使わせてもらってます。

いつも大雑把に作っているので細かいレシピはないですが、
材料だけでも、何かのご参考にしてくださーい^^



【ビーフシチュー】 作りやすい分量

・ シチュー用牛肉 ・・・・・・・ 600g~800g(かたまりを買うと更に美味)
・ にんじん ・・・・・・・・・・・・・ 2本 (大きめに切る)
・ 玉ねぎ ・・・・・・・・・・・・・・ 2個(大きいものなら1個半くらいを薄切りかみじん切り)
・ セロリ ・・・・・・・・・・・・・・・ 1本 (みじん切り)
・ にんにく ・・・・・・・・・・・・・・ 2片(みじん切り)
・ 赤ワイン ・・・・・・・・・・・・・・ 2カップ
・ トマト缶 ・・・・・・・・・・・・・・・ 2缶
・ 固形スープの素 ・・・・・・・・ 2つ
・ ローリエ ・・・・・・・・・・・・・・ 2枚
・ 水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↑の缶に3~4杯
・ 塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 適量
・ しょうゆやソースなどいろんな調味料 ・・・・・ すこしずつ
・ メープルシロップ ・・・・・・・・ 大さじ1~酸味が気にならなくなる程度に
・ バター ・・・・・・・・・・・・・・・・ 適量


① フライパンにオリーブオイルを熱し、肉を両面焼き、煮込む鍋に入れる
② ①のフライパンに玉ねぎ、セロリ、にんにくを入れて飴色になるまで炒め煮込む鍋に入れる
③ ②のフライパンに赤ワインをいれフライパンをキレイにしながら少し煮、煮込む鍋に入れる
④ 煮込む鍋にトマト缶、水、固形スープの素、ローリエを入れてお肉が柔らかくなるまでじっくり煮込む
⑤ にんじんをいれ、やわらかくなるまで煮込む
⑥ 調味料を入れて最後にバターを入れて火を止める

※ 出来立てよりも、冷めてからのほうが美味しい。翌日翌々日になるともっと美味しい。


                 ビーフシチュー2



美味しさのポイントは、飴色に炒める玉ねぎです。
これがないと美味しいシチューになりません。
わたしは、時間があるときに玉ねぎを4つ~5つくらいを飴色玉ねぎにし、冷凍してます^^
そこで裏技~^^
生の玉ねぎから飴色にするのは本当に大変。
なので私はある程度までは電子レンジにお任せします^^
切った玉ねぎを耐熱容器に入れて玉ねぎ2つにつき7~10分程度レンジにかけます。
するとしんなり透明の甘い玉ねぎになるので、そうなってから炒め始めると
かなりの時間短縮になりますよ~~。
是非お試しを^^


虎豆の甘煮

                 トラ豆の甘煮3


お菓子レポートの前に、こちら。

なんだか最近豆づいています。
暑い時はあまり食べる気にならなかった豆類ですが、
涼しくなるととたんに食べたくなるんです。

たくさん作って毎日食べるんだけど何故か飽きない豆の甘煮。
大人になってから好きになりました。
箸休めのはずなのに、食事が済んでもずーーーっとちまちま食べ続けてしまうほど。
夫はあまり食べてくれませんが、とりあえず毎回しつこく食卓に出して
「食べてね。」と言っています。
いつか好きになるかな~と思ってるんだけど・・・。
今のところ全くその気配は無し。


              トラ豆の甘煮4


虎豆は金時豆と同じ種類なので味は金時豆とほとんど同じ。
でもやっぱりどこか違う風味。
煮てしまうと、乾いた状態の虎模様が無くなってしまうのでちょっと悲しいなぁ~
なんて思いつつ。
よ~く見ると虎模様が残っているんですよ~
わかるかなぁ?


                トラ豆の甘煮2


味付けは、お砂糖とお醤油と塩。

砂糖はてんさい糖で、豆の重量の1/2~2/3くらいを加減して入れてます。
たいていどこのレシピでも豆の重量と砂糖の重量は同じなんだけど、
そうするとわたしにはしつこくてたくさん食べられないので大体1/2くらいにしています。


あ~なんだか黒豆が食べたくなってきたな~~
お正月まで待てそうにないので、近々また作りま~す。


Index of all entries

Home > 夜ごはん Archive

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。